新大阪駅周辺で帰宅困難者対策訓練

情報提供拠点から一時滞在スペースである新大阪ワシントンホテルプラザまで徒歩で移動する帰宅困難者役の参加者ら=26日午後、大阪市東淀川区の市立青少年センター(小川原咲撮影)

情報提供拠点から一時滞在スペースである新大阪ワシントンホテルプラザまで徒歩で移動する帰宅困難者役の参加者ら=26日午後、大阪市東淀川区の市立青少年センター(小川原咲撮影)

 昨年6月の大阪北部地震の際、大阪市内で多数の帰宅困難者が出たことを踏まえ、JR新大阪駅周辺のホテルや鉄道事業者らで作る団体が26日、現地で初めての対策訓練を実施。24の企業・団体から約45人が参加し、帰宅困難者の安全確保や情報提供の手順を確認した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ