大阪女児誘拐 女児、食事1日1回 「銃弾見せられ恐怖感」

大阪市住吉区の女児誘拐事件の経過

大阪市住吉区の女児誘拐事件の経過

 大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が誘拐され、栃木県小山(おやま)市で保護された事件で、女児が誘拐されている間、「食事は1日1回、風呂は2日に1回くらいだった」と話していることが24日、大阪府警への取材で分かった。小山市の自称派遣社員、伊藤仁士(ひとし)容疑者(35)=未成年者誘拐容疑で逮捕=は女児のスマートフォンや靴を取り上げるなどしており、府警は25日に同容疑とともに監禁容疑でも送検する方針。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ