日米合同で原子力防災訓練 巨大地震想定、神奈川・横須賀

前の写真へ
日米合同原子力防災訓練で、原子力空母(奥)周辺の放射線量を測定する海上保安庁の船=20日午前、神奈川県横須賀市

日米合同原子力防災訓練で、原子力空母(奥)周辺の放射線量を測定する海上保安庁の船=20日午前、神奈川県横須賀市

 神奈川県横須賀市や米海軍は20日、三浦半島を震源とする震度6強の地震が発生し、市内全域が停電したとの想定で、日米合同の原子力防災訓練をした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ