「覚悟は決めた」 台風19号から日常取り戻すために歩む住民 宮城・丸森

再開された阿武隈川の川下り。船からの眺めには紅葉と台風の爪痕とが同居する=8日、宮城県丸森町(千葉元撮影)

再開された阿武隈川の川下り。船からの眺めには紅葉と台風の爪痕とが同居する=8日、宮城県丸森町(千葉元撮影)

 台風19号で大きな被害に見舞われた宮城県丸森町。町役場庁舎周辺のエリアは広範囲で浸水し、水が引いた後は大量の泥が残った。しかし、台風上陸から4週間が経過した現在はマスクを着用して汗を流す人の姿はまばらで、道路を走る自衛隊の車両の数も減った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ