首里城正殿、コード溶けた痕 火災当日も照明点灯か

火災で焼失する前の首里城=那覇市

火災で焼失する前の首里城=那覇市

 那覇市の首里城焼失で、市消防局は7日、記者会見を開き、正殿北東部の配線と延長コードが溶けたショート痕のようなものが数十カ所見つかったと発表した。また、首里城関係者が消防の調べに対し、正殿内部のLED照明について「スイッチを入れたままだったかもしれない」と証言していることも分かった。延長コードを通じて電気が通ったままの可能性があるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ