首里城火災1週間 「人ごとでない」姫路城や法隆寺も防火見直し

次の写真へ
法隆寺五重塔の前に設置されている地下式銃型消火栓=奈良市

法隆寺五重塔の前に設置されている地下式銃型消火栓=奈良市

 首里城の火災から7日で1週間となる中、各地の文化財の管理者らは緊急の防災対策などに追われている。秋のイベントに携わる関係者に、発火の恐れのある電気系統の安全対策の徹底を求めるケースも。まもなく冬本番。空気の乾燥だけでなく、暖房器具の使用も火災の原因となる中、「首里城の火災は決して人ごとではない」との声があがる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ