台風19号 千葉の土砂崩れ 警戒区域外で多発 指定率全国最低の36・49%

2人が犠牲になった千葉市緑区誉田町の土砂崩れ現場(下)。土砂災害警戒区域に指定されていなかった=27日午後

2人が犠牲になった千葉市緑区誉田町の土砂崩れ現場(下)。土砂災害警戒区域に指定されていなかった=27日午後

 台風21号や低気圧の影響に伴う記録的大雨から1日で1週間。大雨による土砂崩れや河川の氾濫で千葉県内では11人が死亡し、県内の自然災害では死者・行方不明者23人を出した平成23年の東日本大震災に次ぐ犠牲者数となった。11カ所の土砂崩れ現場中、少なくとも3カ所が土砂災害警戒区域に指定されていなかったことも判明。土砂災害の危険箇所のうち、県が警戒区域に指定した割合を示す警戒区域指定率は全国最下位の36・49%で、行政の対応遅れも浮き彫りになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ