文化財、夜間態勢は手薄 木造の火災被害やまず 首里城火災

全焼した首里城の北殿=31日午前10時5分、那覇市

全焼した首里城の北殿=31日午前10時5分、那覇市

 歴史的な建造物や文化財は過去にもたびたび焼失し、防火管理のあり方が問われてきた。パリでは今年4月、ノートルダム大聖堂で火災が起き、尖塔(せんとう)が焼け落ちた。世界史的な悲劇を受け、文化庁は国宝や重要文化財の緊急調査を実施。夜間の緊急対応に脆弱(ぜいじゃく)性があるとの課題も浮上していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ