住民の合意難航…50年以上、無堤防状態 多摩川氾濫の東京・二子玉川

台風19号の影響で、浸水した多摩川沿いの歯科医院=14日午後、東京都世田谷区玉川

台風19号の影響で、浸水した多摩川沿いの歯科医院=14日午後、東京都世田谷区玉川

 台風19号の大雨で多摩川が氾濫し、市街地が浸水した東京都世田谷区の二子玉川地区について、昭和41年に国の堤防整備計画が立てられながら、住民の合意形成が難航して50年以上にわたり一部で無堤防状態が続いていることが、国土交通省への取材で分かった。現在も、最大規模の洪水を想定した高さの堤防が完成する見通しは立っていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ