京アニ容疑者発言「ぱくられた」可能性低く 各社投稿取り扱いは厳重・慎重

「盗作騒動」回避のための各社の対応

「盗作騒動」回避のための各社の対応

 アニメ制作会社「京都アニメーション」の放火殺人事件では、青葉真司容疑者(41)が事件直後に「ぱくられた」と発言し、京アニに小説を投稿していたとみられることが判明した。京アニ側は、投稿作品は形式的な問題で1次審査で落選するなどしており、「類似点はないと確信」と発信しているが、一部ファンには「もし類似していたら作品が見られなくなるのか」と不安がる声も。果たして一般公募の創作物がプロによって盗用される事態は起こり得るのだろうか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ