西日本豪雨1年 伝統の味で復興を「真備みやげ」のせんべいが復活

西日本豪雨の被災から乗り越え、復活した「若竹せんべい」(渡辺恭晃撮影)

西日本豪雨の被災から乗り越え、復活した「若竹せんべい」(渡辺恭晃撮影)

 西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町で、約40年続く「若竹せんべい」が被災を乗り越えて復活した。菓子店や商店の多くが被災した同町で、ボランティアや復興関連の工事に携わる人らを中心に「真備みやげ」として人気を集める。作っているのは地元の女性たち。「町の復興に一役買いたい」と意気込んでいる。(鈴木俊輔)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ