池袋暴走事故、元院長立ち会いで実況見分

前の写真へ
次の写真へ
池袋暴走事故の実況見分に立ち会うため、つえをついてうつむいて歩く飯塚幸三元院長(中央)=13日午前、東京都豊島区(佐藤徳昭撮影)

池袋暴走事故の実況見分に立ち会うため、つえをついてうつむいて歩く飯塚幸三元院長(中央)=13日午前、東京都豊島区(佐藤徳昭撮影)

 東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、警視庁は13日、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を事故現場に立ち会わせ、実況見分を行った。「ブレーキが利かなかった」などとする飯塚元院長の供述と事故状況の食い違いについて確認し、事故原因の究明を進める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ