小4虐待死母被告人質問(2)「出て行っても連れ戻されると…」夫への恐怖、憔悴し一時休廷も

亡くなった女児の自宅前に手向けられた花束=2月4日、千葉県野田市

亡くなった女児の自宅前に手向けられた花束=2月4日、千葉県野田市

 《千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が死亡した虐待事件で、父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=が心愛さんに暴行を加えているのを知りながら制止しなかったなどとして傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母親のなぎさ被告(32)。千葉地裁で16日開かれた初公判では、なぎさ被告に対する弁護人からの被告人質問が続く》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ