市民オンブズマン、山形県の非開示取り消し訴訟 地裁は請求棄却

次の写真へ
「山形地裁に前向きな姿勢が感じられず残念だ」と話す原告の長岡昇氏(中)=23日、山形市(柏崎幸三撮影)

「山形地裁に前向きな姿勢が感じられず残念だ」と話す原告の長岡昇氏(中)=23日、山形市(柏崎幸三撮影)

 山形県が保有する学校法人東海大山形学園(山形市)の財務関係書類の情報公開請求について、県が一部非開示にした決定を不服として、市民オンブズマン山形県会議の長岡昇氏が吉村美栄子知事を相手取り、非開示にした部分の取り消しを求めた住民訴訟の判決が23日、山形地裁であった。貝原信之裁判長は請求を棄却、原告側は控訴する方針。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ