2億円分のルイ・ヴィトンに“ミッキーハウス”…着服した大金で爆買い、実態解明は

前の写真へ
次の写真へ
北村緑被告の別宅内で発見された大量のバッグなどのブランド品(神和商事提供)

北村緑被告の別宅内で発見された大量のバッグなどのブランド品(神和商事提供)

【衝撃事件の核心】 ミッキーマウスの形を外壁にあしらった自宅、2億円分のルイ・ヴィトン…。女が15年にわたって会社から着服したとみられる金で行った「爆買い」だ。兵庫県三木市の土木建築会社「神和商事」で平成30年10月、元経理担当役員の北村緑被告(56)が多額の会社資金を着服したとして業務上横領容疑で逮捕、起訴された。同社の神(かん)行(ぎょう)武彦社長(59)は「北村被告を信用しきっていた」と後悔し、「被害総額は5億円以上だ」という。12月13日の初公判では検察側から「着服金をブランド品購入や旅行にあてていた」と暴露されたが、北村被告は不敵な笑みを浮かべるなど反省している様子はなかった。(土屋宏剛)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ