福島第1原発事故 3被告、津波認識の正当性主張

東京電力の勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長(左から)

東京電力の勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長(左から)

 東京電力福島第1原発事故をめぐる刑事裁判では、旧経営陣3被告への被告人質問のほか、部下や専門家ら計21人への証人尋問が行われた。「巨大津波が襲来する」との試算をどう評価したかが焦点となったが、3被告と証人の説明に食い違いもあり、東京地裁の判断が注目される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ