西日本豪雨 街が水没、濁流の痕跡…倉敷市真備地区上空ルポ

次の写真へ
小田川(右)から決壊し真備町へ流れこんだ水=9日午前、岡山県倉敷市真備町(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)

小田川(右)から決壊し真備町へ流れこんだ水=9日午前、岡山県倉敷市真備町(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)

 茶色い水はまだ、街の至るところを覆っている。屋根の上には壊れた家具やがれきが積み上がり、ピーク時の尋常ではない水位をうかがわせた。地区の約3割が浸水し、一時は千人以上が建物の屋上に取り残された岡山県倉敷市真備町(まびちょう)地区。堤防の決壊から3回目の朝を迎えた9日午前、一帯をヘリコプターから取材した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ