腐った遺体、大量のハエ、ゴミ屋敷…「特殊清掃」の現場を見た

次の写真へ
発見に時間がかかり傷んでしまった遺体が見つかった部屋などの原状回復は、「特殊清掃」と呼ばれる。異臭が漂い、物が散乱するケースも多く、現場作業には感染症予防のためにもゴーグルやマスク、防護服で臨む。写真はそうした部屋で薬剤を散布する「SCS・特殊清掃ケアサービス」のスタッフ。不条理な「死」とも向き合う仕事だ(同社提供)

発見に時間がかかり傷んでしまった遺体が見つかった部屋などの原状回復は、「特殊清掃」と呼ばれる。異臭が漂い、物が散乱するケースも多く、現場作業には感染症予防のためにもゴーグルやマスク、防護服で臨む。写真はそうした部屋で薬剤を散布する「SCS・特殊清掃ケアサービス」のスタッフ。不条理な「死」とも向き合う仕事だ(同社提供)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ