意識喪失で3人はね死亡させた会社員を一転、在宅起訴 千葉地検

 一昨年の3月、千葉県野田市で交差点付近の歩道に立っていた70代の男女3人が車にはねられ死亡した事故で、千葉地検松戸支部は25日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)の罪で、野田市の男を在宅起訴した。

 男は会社員の金子龍司被告(44)。金子被告は事故当時、持病の影響で意識喪失状態だったことから、鑑定留置を経て、昨年2月に不起訴処分となった。同年10月、松戸検察審査会が不起訴不当の議決を行い、地検が再捜査を行っていた。

 起訴状によると、金子被告は、かねてから頭痛や吐き気を前兆として意識障害を起こすことがあったところ、平成31年3月、野田市内の道路を運転中、頭痛や吐き気が生じたにもかかわらず、そのまま運転を続けた。意識喪失状態に陥り、歩道にいた70代の男女3人に衝突するなどして死亡させたとしている。

 同地検は、起訴にいたった理由について「再捜査の結果、過失を裏付ける事実が判明し、公判が維持できると判断した」と説明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ