配達怠り郵便物隠す 容疑の元郵便局員を書類送検

 郵便物を配達せずに隠し持っていたとして、神奈川県警麻生署は24日、郵便法違反の疑いで、麻生郵便局(川崎市麻生区)の元契約社員の無職男(34)=同区=を書類送検した。容疑を認めている。

 書類送検容疑は令和元年7月上旬ごろから今年4月27日までの間、配達すべき郵便物計38通を配達せず、自宅などに隠し持ったとしている。

 日本郵便は3月、男が一部郵便物の配達を怠っていたと発表し、4月に同法違反の罪で同署へ告訴状を提出。同署が捜査を進めていた。男は以前から誤配達などのミスを繰り返しており、取り調べに対して「上司から、もう注意されたくなかった」などと供述しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ