吉川友梨さん不明事件18年 大阪府警が情報提供呼びかけ

 大阪府熊取町で平成15年5月、当時小学4年だった吉川友梨さん(27)が行方不明になった事件から20日で18年となった。府警は同日、府内の繁華街や駅前にある大型スクリーンで情報提供を呼びかける動画を流した。例年は府警の捜査員らがチラシ配りなどを行うが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、人との接触を避けつつ情報提供を呼びかけた。

 JR大阪駅(大阪市北区)の大型スクリーンなどで流された約15秒間の動画では、友梨さんの当時の服装や現場近くに止まっていたとされる白色の「クラウン」などを写真を交えて説明。通行人らが足を止めてスクリーンを見上げた。

 家族の引っ越しの手伝いで来阪していたさいたま市の主婦(55)は「家族の気持ちを考えるとたまらない。早く見つかってほしい」と話した。

 府警によると、コロナ対策のため、事件を担当する捜査1課が昨年初めて動画を作った。府警のホームページにアップし、短く編集したものを府警が運用する会員制交流サイト(SNS)で公開。今年は府内6カ所の街頭スクリーンで動画を流したという。

 捜査1課の原田英明警部は「寄せられる情報が事件解決の糸口や捜査前進の鍵になる。些細(ささい)な情報でも提供していただき、一日でも早く事件を解決したい」と話した。情報提供は泉佐野署捜査本部(072・464・1234)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ