覚醒剤など密売容疑 ベトナム人16人逮捕 警視庁

 大麻や覚醒剤を宅配便を使って譲り渡したなどとして、警視庁と兵庫県警、埼玉県警の合同捜査本部は、大麻取締法違反と覚せい剤取締法違反の疑いで、衣料品店経営、ホアン・ドゥック・トア容疑者(27)=東京都新宿区百人町=らベトナム国籍の男女16人を逮捕した。

 警視庁組織犯罪対策5課によると、ホアン容疑者らは違法薬物の密売グループとみられ、国内のベトナム人に覚醒剤などを売り渡していた。平成30年以降、約3700万円を売り上げていたとみられ、これまでに客を含め計40人が逮捕されているという。

 逮捕容疑は令和2年8月8日、都内のコンビニエンスストアから大麻を含む乾燥植物片約50グラムを兵庫県加古川市の男性宅に配送し、代金8万5千円で譲り渡したなどとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ