建設石綿訴訟 国とメーカーの責任認定 最高裁判決

 建設現場で建材に含まれるアスベスト(石綿)を吸い、肺がんや中皮腫などを発症したとして、元労働者や遺族らが国や建材メーカーに損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は17日、国の賠償責任を認める判断をした。建設会社に雇われていた労働者に加え、個人事業主である「一人親方」に対する責任も認めたほか、一部のメーカーの責任も認めた。

 全国で起こされた「建設アスベスト訴訟」の最高裁判決は初めて。この日判決があるのは横浜、東京、京都、大阪の各地裁に起こされた4訴訟。高裁段階の結論が割れており、最高裁の判断が注目されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ