小学生のスマホは慎重に いじめ、犯罪のおそれも

 スマートフォンが小学生にも普及する中、会員制交流サイト(SNS)をめぐるトラブルも増えている。ささいな行き違いから友人間でのネットいじめに発展したり、犯罪に巻き込まれたりするケースも。だが、SNS上でのトラブルを学校や保護者が把握するのは難しい。子供にどのようにスマホを使わせるべきか、慎重に考える必要がある。(木ノ下めぐみ)

 大阪府東部に住むパート勤務の女性(48)は、3年前に次女(13)が巻き込まれたSNS上でのトラブルが、今も尾を引いていると話す。

炎上、不登校に

 きっかけは、些細(ささい)なことだった。小学5年生だった次女が訪問先で撮影した犬の写真をフェイスブックに投稿したところ、グループ仲間の女児が「他人の犬の写真を勝手に上げるのはルール違反」との趣旨をコメント。次女は許可を得たことを説明したが、その後はインスタグラムやティックトックなど、ほかのSNSにも写真や動画などを投稿するたびに批判され、“炎上”状態になった。

 女性は次女の投稿内容を把握しており、「変な内容はなかった」と振り返る。状況が一向に改善しないため、投稿を控えることやアクセス制限、退会も勧めたが、次女は「退会したら学校で何をされるか」とおびえた。

 次第に「学校にもネットにも居場所がない」とふさぎこむようになり、今も学校を休みがちな状態が続いているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ