女子大生殺害 階下の男を殺人容疑で書類送検へ 大阪府警方針

 大阪府大東市のマンション3階一室で住人の大学4年、吉岡桃七(ももな)さん(21)が殺害された事件で、吉岡さん宅から見つかった刃物から、真下の2階の部屋に住む男(48)の指紋が検出されたことが4日、大阪府警への取材で分かった。府警は男が吉岡さんを殺害した疑いが強まったとして、殺人容疑などで容疑者死亡のまま書類送検する方針で、裏付け捜査を進めている。

 府警によると、男はビルメンテナンス会社社員の嘉本(かもと)悟容疑者。吉岡さんが殺害された4月28日朝、自室に放火したとみられ、一酸化炭素中毒で死亡した。

 吉岡さん宅には鈍器や、やりのような自作の刃物など複数の凶器が残されており、玄関外側にはドアストッパーが置かれていた。このうち、自作の刃物から検出された指紋が嘉本容疑者のものと一致した。

 大東市内のホームセンターの販売履歴などから、嘉本容疑者が先月、凶器やドアストッパーを準備していたことが判明。近くのガソリンスタンドでも、放火に使ったとみられる灯油10リットルを購入していた。

 2人の接点やトラブルは確認されていないが、嘉本容疑者の親族は府警に「(嘉本容疑者が)生活音に敏感で不満を漏らしていた」という趣旨の説明をしているという。

 同じマンションに直前まで住んでいた男性は取材に、吉岡さん宅から騒音はしなかったとしている。嘉本容疑者が一方的に恨みを募らせ、計画的に吉岡さんを殺害した疑いがあり、府警は犯行動機など詳しい経緯を調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ