槍ケ岳で登山男性3人遭難、1人心肺停止 

 長野県警松本署は4日、同県の北アルプス槍ケ岳(標高約3180メートル)で登山中の男性3人が3日に遭難し、うち救助された1人が心肺停止状態と発表した。ほか2人は登山道で倒れているのを県警のヘリが発見した。警察などが救助に向かっている。

 同署によると、3人は新穂高登山口から入山。3日午後2時25分ごろ、1人が飛騨乗越付近で滑落し、仲間が110番した。現場は雪が積もり、3日午後は吹雪で視界が悪かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ