【治安最前線】東京湾岸署水上安全課 海上からテロに備え「五輪成功へ安全安心を確保する」

 大型連休を間近に控えた4月下旬。護岸が複雑に入り組んだ東京湾に、海風に揺られながら白い船体が姿を現した。警視庁東京湾岸署の警備艇だ。赤い甲板を目立たせながら、周囲ににらみをきかせるように時速約20キロでゆったりと進んでいく。

 操縦室では、乗員がレーダーに目をこらし、双眼鏡で護岸や海上の隅々に至るまで異変がないかも確認していく。残り3カ月を切った東京五輪の開幕。水泳やテニス、ボートといった多くの競技が行われる臨海部では、海の警備も成功のカギを握るとされている。

 「大会成功のため、安全安心を確保したい」。操縦桿(かん)を握る、東京湾岸署の宇佐見沙織主事(30)の手にも自然と力が入る。

「唯一」の警備部隊

 東京湾岸署は警視庁で唯一、警備艇を運用。海上警備を専門とする「水上安全課」があり、パトロールや水難者の捜索・救助を24時間態勢で行っている。

 警備艇は計22隻。普段パトロールに使う警備艇は全長8~12メートルと小型だが、機動性に優れ、高性能のレーダーは遠く離れた船舶の動静も捉えられる。船長と機関長、さらに警察官が同乗し、警戒にあたっている。

 入庁5年目の宇佐見さんも警備艇を操る少数精鋭のプロ集団である水上安全課の一員だ。海技職の行政職員で、水上警備一筋で技術を磨いてきた。「臨機応変に対応できる操船技術を身に付けたい」と意気込む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ