阿蘇山、白色の噴煙観測 警戒レベル2に

 気象庁は2日、熊本県の阿蘇山の噴火警戒レベルを、1の「活火山であることに留意」から、2の「火口周辺規制」に引き上げた。中岳第1火口では白色の噴煙が約200メートルまで上がるのを観測した。おおむね1キロの範囲で、噴火に伴い弾道を描いて飛散する大きな噴石に注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、2日午後9時ごろから火山性微動の振幅が増大した。地殻変動は確認されていない。火砕流や火山ガスなどにも警戒を求めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ