東北新幹線5時間ぶり再開 大型連休、乗客足止め 宮城で震度5強

 宮城県で最大震度5強を観測した1日の地震で、運転を見合わせていた東北新幹線は午後3時半、5時間ぶりに全線再開した。秋田、山形両新幹線や在来線のダイヤも乱れ、ゴールデンウイークの5連休初日に多くの乗客が足止めされた。地震の負傷者は福島県で1人判明して計3人になった。気象庁は、東北地方で2日にかけて大雨が予想されるとして、被災地に警戒を呼び掛けた。

 福島県によると、相馬市のスーパーで買い物中の80代女性が転倒し、左手首骨折の疑い。既に判明している負傷者2人は、宮城県女川町の「女川温泉ゆぽっぽ」の割れたガラスで切り傷を負った高齢夫婦。

 気象庁によると、東北では上空に寒気を伴った低気圧が2日にかけて通過するため暖かく湿った空気が流入し大気の状態が非常に不安定になるという。2日正午までの24時間予想雨量は多い地域で60ミリ。ここ数日の雨で地盤が緩んでいる恐れがあり、揺れが大きかった地域では土砂災害などに注意が必要だとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ