宮城・女川で夫婦が軽傷 震度5強地震

 宮城県で1日午前発生した最大震度5強の地震で、同県女川町で2人が軽傷を負った。県警によると、同町の入浴施設で高齢の夫婦がガラスで切り傷を負ったという。同町の震度は5弱だった。

 政府は首相官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。宮城県も特別警戒本部を設置し、情報収集を進めている。この地震で津波の心配はない。

 震度5弱を観測した青森、岩手、福島各県によると、現時点で人的被害の情報は入っていない。東北では、2月に福島、宮城両県で震度6強、3月に宮城県で震度5強を観測するなど地震が続いている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ