ワクチン接種券、誤送付 大阪市

 大阪市は26日、新型コロナウイルスワクチンの高齢者施設従事者向けの「接種券付き予診票」を誤送付するミスがあったと発表した。介護老人保健施設の職員44人分が、別の老健施設に送られた。予診票には氏名や住所、生年月日などが記載されていた。

 市は15日から委託業者を通じて老健施設に発送を開始。その際、対象者のデータを誤って結合した状態で引き渡していたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ