「言葉の刃で心も傷つけられた」山梨不明女児の母、中傷提訴で会見

 山梨県道志村のキャンプ場で令和元年9月に行方不明になった当時小学1年の小倉美咲さん(8)=千葉県成田市=の母、とも子さん(38)が20日、東京都内で会見し、インターネット上の投稿で中傷を受けたとして事業者に発信者情報の開示を求める訴訟を東京地裁などに起こしたことについて「子供たちを守るために声を上げると決意した」と語った。

 代理人の小沢一仁弁護士によると、これまでにツイッターや匿名掲示板、ブログなどで、とも子さんを犯人視するような中傷が多発。うち投稿36件とブログ1件について発信者情報の開示を請求したという。

 とも子さんは自身や美咲さんへの中傷に「頑張っている美咲が帰ってきたらどれだけ傷つくか。待っている長女(11)が見たら、どれだけ傷つくかと思い声を上げた」と話し、「美咲が無事に戻ってくることを信じて活動を続けてきたが、言葉の刃で心も傷つけられた」と声を詰まらせた。

 とも子さんによると、自宅や自家用車を無断で撮影した写真をSNS(会員制交流サイト)に掲載されたり、長女が何者かに声をかけられたりする被害も起きているという。

 「『小倉家を襲撃する』という投稿もあり、日々恐怖の中で生活を送っている」とする一方、「目撃情報も集まってきており、風化防止のためにもSNSでの情報発信を続けていきたい」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ