酒気帯び運転で事故 22歳の男を逮捕 神奈川県警

 19日午前1時10分ごろ、横浜市港南区丸山台の信号機が設置された県道22号交差点で、普通乗用車が転回した際、対向から直進してきた普通乗用車と衝突。現場近くを警戒していた神奈川県警港南署員が事故を目撃し、転回した車を運転していた男の呼気を調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたことから、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、男を現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは、同市鶴見区向井町の自称自営業、小泉直人容疑者(22)。容疑を認めている。

 同署によると、事故によるけが人はなかったという。同署が詳しい経緯について調べを進めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ