カニオブジェ破損認める 男性2人謝罪、大阪ミナミ

 大阪市中央区の繁華街ミナミで5日未明、カニ料理店「大阪かに源道頓堀店」前にあったカニのオブジェが壊された事件があり、20代の男性2人が店を訪れて壊したことを認め、謝罪していたことが18日、店への取材で分かった。

 店によると、2人は8日に謝罪に訪れ、その後、オブジェの制作費165万円を弁償した。店は、被害届の取り下げを申し出たという。

 店の付近の防犯カメラには5日午前5時前、2人組の1人がはしゃいだ様子でオブジェの台座を蹴ったり傾けたりした後に倒し、壊した様子が写っていた。大阪府警南署が器物損壊容疑で捜査していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ