やまゆり園で聖火採取へ 相模原市、パラ理念に沿い

 全国各地で採取される東京パラリンピックの聖火について、相模原市が平成28年7月に入所者ら45人が殺傷された知的障害者施設「津久井やまゆり園」(同市)で採火する方針であることが23日、市への取材で分かった。

 市によると、共生社会の実現を目指すパラリンピックの理念に沿って、あらゆる差別をなくしていくという思いを発信したい考え。大会組織委員会や神奈川県に報告している。遺族らには今後説明し、意向を踏まえた上で具体的な採火方法を決めるとしている。

 市オリンピック・パラリンピック推進課の広田信之課長は「事件から5年が経過しようとする中で、事件を風化させないことや、偏見や差別のない共生社会の実現に向けた誓いを込めてやまゆり園で実施したいと考えている」と話した。

 事件現場となった建物は取り壊され、跡地で建て替え工事が進んでいる。8月から入居が始まる見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ