ゴーン被告逃亡支援の親子を起訴 東京地検特捜部、犯人隠避の罪で

 保釈中の日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(67)を逃亡させたなどとして米国籍の親子2人が逮捕された事件で、東京地検特捜部は22日、犯人隠避罪で、米陸軍特殊部隊グリーンベレー元隊員、マイケル・テイラー容疑者(60)と息子のピーター容疑者(28)を起訴した。

 起訴状によると、2人は、令和元年12月29日、ジョージ・ザイエク容疑者(61)=犯人隠避容疑などで逮捕状=と共謀し、保釈中のゴーン被告を荷物の中に隠し、関西国際空港から航空機で出国させたとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ