千葉・小4虐待死、2審も懲役16年 「並外れて悪質」

 千葉県野田市で平成31年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(43)の控訴審判決が4日、東京高裁で開かれた。近藤宏子裁判長は「執拗(しつよう)な虐待意思があり悪質性は並外れている」として、同種事件では最も重い懲役16年とした1審千葉地裁の裁判員裁判公判を支持、被告の控訴を棄却した。

 心愛さんは生前、学校のアンケートに「お父さんにぼう力を受けています」と書くなど学校や児童相談所に助けを求めていたが、弁護側は公判で「信用性が乏しい」と主張。1審の量刑も重過ぎて不当だと訴えていた。

 高裁は判決で、心愛さんの訴えは信用できるなどとして1審と同様、起訴された6つの罪をすべて認定。過激な暴行や排泄(はいせつ)制限など1年以上にわたった虐待を「強い恐怖心を与え人格と尊厳を全否定した」と評し、「被告は理不尽な支配欲から絶対的な力の差にものを言わせて虐待を続け、酌量の余地などみじんもない」と厳しく批判した。

 被告は1審で「みーちゃんに謝ることしかできません」などと涙を流した。しかし近藤裁判長は、「不合理な弁解に終始し、およそ罪に向き合っているとはいえない」と断罪。虐待に対応しようとした児相の介入を排除し、心愛さんの母=傷害幇助(ほうじょ)罪で有罪確定=を暴力で支配した点などを「本件特有の悪質性」とし、過去最も重い量刑も妥当だと結論付けた。

 勇一郎被告はスーツ姿で出廷し、うつむきながら判決を聞いていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ