現金供与原資、河井元法相が指示 「自民からの金」供述女性

 令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた元法相の衆院議員、河井克行被告(57)の公判が24日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。一部の現金供与について「自民党本部からの金が原資」と検察に供述した元会計担当の女性が証人として出廷。どの口座から出金するかなど「克行被告からLINE(ライン)や電話で指示を受けた」と証言した。

 証人尋問がほぼ終了したのを踏まえ、克行被告の弁護人は同日、東京地裁に保釈を請求した。

 自民党本部は参院選前の平成31年4月~令和元年6月、克行被告と妻の案里前参院議員(47)=有罪確定=側に計1億5000万円を入金した。検察側は今月、陣営の会計担当だった女性が、スタッフに対する現金供与に「党本部からの金が充てられた」と供述した調書を読み上げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ