ガソリン混入の灯油販売か 大阪のセルフスタンド

 大阪市消防局は23日、同市浪速区桜川のガソリンスタンド「エネオス ドクタードライブセルフ桜川店」で22日午後9時ごろから翌午前3時半ごろまでに販売した灯油とハイオクガソリンが、それぞれ混ざった可能性があると発表した。火災を起こす危険があるため灯油を購入した客に使用しないよう注意を呼びかけている。

 同消防局によると、タンクローリーからガソリンスタンドに給油した際に誤って混入したとみられる。灯油とハイオクガソリン計約46リットルが販売されており、個人の特定ができ次第、速やかに対応を取るとしている。23日午前3時半ごろ、業者から店舗に連絡があり判明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ