地元議員ら94人買収認める 元法相公判、証人尋問終了

 令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相の衆院議員、河井克行被告(57)の公判が19日、東京地裁で開かれ、60万円を渡された元陣営幹部が「公選法違反だと思った」と証言した。この日で、現金を受け取ったとされる地元議員やスタッフら計100人への証人尋問や供述調書の朗読が終了した。94人が買収を認めた。

 明確に否定したのは広島県議ら4人。元県議ら2人は「当時の記憶がない」などと曖昧な説明をした。公判は3月に被告人質問を実施する。

 元法相は参院選で妻の案里前参院議員(47)=有罪確定=の当選を目指し、100人に計約2900万円を配ったとされ、無罪を主張している。

 この日、尋問を受けた元陣営幹部は、同県福山市の事務所の責任者だった。元法相が「いろいろ苦労かけるね」「経費だから」と言って現金入り封筒を差し出してきたといい、拒みきれずに受け取ったと述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ