東北新幹線、24日全線再開 速度減、運行本数3分の2

 JR東日本は19日、福島、宮城両県で震度6強を観測した地震で被災し一部区間で運休している東北新幹線について、24日の始発から全線で運転を再開すると発表した。仙台-一ノ関(岩手)間は22日始発から再開する。

 JR東によると、全線再開後も約1カ月間は運行本数が通常ダイヤの3分の2程度になる。復旧した架線や線路の状態を確認するため、一部区間で速度を落として運転することが理由。東京から仙台・盛岡両駅までは1時間程度所要時間が長くなるとしている。

 東北新幹線は13日深夜の地震で那須塩原-盛岡間を運休した。このうち一ノ関-盛岡間は安全確認ができたとして、16日に運転を再開。那須塩原-一ノ関間で運転見合わせが続いていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ