津波浸水を予測するAI 東北大など、スパコン「富岳」で開発

 東北大と東京大、富士通研究所は16日、計算速度世界一のスーパーコンピューター「富岳」を使って、市街地に浸水する津波を瞬時に詳細に予測できる人工知能(AI)を開発したと発表した。より適切な避難行動を支援して減災に貢献できると期待される。減災に加え、自治体や民間事業者による事前の防災対策にも活用してもらうのが狙いで、今後、予測精度の向上やさまざまな地域での検証を進め、2年後の実用化を目指す。

 開発チームは、富岳の大規模な計算能力を生かして2万通りの津波シミュレーションを実施し、それぞれのシナリオにおける沖合での津波波形と沿岸部の浸水状況のデータを取得。これを基に、どのような波形でどのくらいの浸水が起きるのかを学習させたAIを構築した。地震発生時には、AIに沖合での津波の観測データを入力するだけで、沿岸域の浸水状況を即座に予測できる。

 発災後に大規模な計算をする必要がないので、一般的なパソコンでも使うことができ、数秒で結果が得られる。予測は3メートル単位で、区画や建物ごとなど詳細な浸水予測情報が分かり、局所的な現象も把握しながら避難行動を支援できるのも特徴だ。

 理化学研究所と富士通が共同開発した富岳は、スパコンの性能を競う世界ランキングで昨年、計算速度だけでなく、シミュレーション計算やAI学習の性能でも世界一を獲得している。シミュレーションとAI開発の両方が得意な富岳の特色が生かされた格好だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ