「ひょっこり男」初公判、自転車あおり運転認める さいたま地裁

 自転車で車の前に飛び出す危険な運転をしたとして道交法違反(あおり運転)の罪に問われた埼玉県桶川市、無職、成島明彦被告(33)は16日、さいたま地裁(中桐圭一裁判官)で開かれた初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 成島被告は急な飛び出しを繰り返しているとして住民の間で「ひょっこり男」と呼ばれ、埼玉県警が昨年10月、あおり運転容疑を全国で初めて自転車に適用し逮捕していた。

 検察側は冒頭陳述で、車が自転車を追い抜くことに腹を立てていた成島被告が、「急に進出して車に急ブレーキをかけさせれば、仕返しすることができる」という思いから危険な運転を繰り返していたと指摘した。

 起訴状などによると、昨年3月~10月、埼玉県内の車道3カ所を自転車で走行中、対向する乗用車の通行を妨害する目的で、すれ違う直前にセンターライン上に飛び出したなどとしている。

 埼玉県警は今月9日、千葉県流山市でも自転車に乗ってトラックの前に飛び出す運転をしたとして、道交法違反(あおり運転)の疑いで成島被告を追送検している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ