会期中の仙台市議会、議場が一部破損 今後は別室開催へ

 13日夜に宮城、福島の両県で最大震度6強を観測した地震で、仙台市は15日、市議会の議場の一部が破損したとして、会期中の市議会2月定例会の本会議を当面の間、議事堂1階の「特別委員会室」で開催すると発表した。

 議事堂が所在する同市青葉区では今回の地震で震度5強を観測。市議会事務局によると、地震で議場の天井の複数箇所が破損した。修復時期は未定だという。

 市議会事務局によると、平成23年の東日本大震災時には、天井や照明が落下するなどの被害を受けた。震災時も今回と同様、市議会の本会議、臨時会を特別委員会室で行ったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ