ひょっこり男、千葉県でも 自転車であおり疑い、追送検

 埼玉県警は9日、千葉県流山市で自転車に乗ってトラックの前に飛び出す運転をしたとして、道交法違反(あおり運転)の疑いで、埼玉県桶川市の無職、成島明彦容疑者(33)を追送検した。桶川市などで同様の運転を繰り返し住民らに「ひょっこり男」と呼ばれていた。昨年10月、改正道交法のあおり運転容疑を自転車に初めて適用して逮捕、起訴されていた。

 追送検容疑は昨年9月27日、流山市の市道を自転車で走行中、後方を走るトラックの前に飛び出して進路を妨害する危険な運転をしたとしている。

 捜査関係者によると、「全ての車が自分に圧力をかけるので腹が立ち、嫌がらせのためやった」と供述している。

 成島容疑者は流山市まで自転車で移動したとみられ、トラックのドライブレコーダーに進路妨害する様子が記録されていた。他にも、同容疑者の迷惑運転に関する情報が数十件寄せられているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ