公選法違反事件 河井案里被告の東京地裁判決要旨

 令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告を有罪とした21日の東京地裁判決の要旨は次の通り。

 【主文】

 被告を懲役1年4月に処する。この裁判確定の日から5年間その刑の執行を猶予する。地元議員1人に対する買収、事前運動については無罪。

 【事実認定の理由】

 ▽選挙情勢

 選挙区は定数2で、現職の参院議員が2人いるところに案里被告が立候補を表明していた。案里被告は支持地盤が広島市安佐南区に限られ、夫で元法相の衆院議員、克行被告の地盤も広島3区にとどまっていた。自民党県連は現職を支援し、夫妻は地盤外で県議らの支援が期待できず情勢は厳しかった。

 案里被告が地元議員らに現金を渡した時期は公示日が迫る時期だった。額は30万~50万円で相手の立場や選挙で期待された役割に照らし、案里被告への投票や票の取りまとめといった選挙運動の報酬として相応に見合った。

 弁護人は相手への当選祝いや陣中見舞いにすぎなかったと主張するが、選挙情勢や現金授受の時期や状況、相手の立場、金額を総合すれば選挙買収だったと認められる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ