泥酔した女性に性的暴行疑い マリ国籍の男を逮捕 神奈川県警

 泥酔した女性に性的暴行を加えたとして、神奈川県警川崎署は21日、準強制性交の疑いで、マリ国籍の会社員、ガサマ・ムーサ容疑者(34)=川崎市川崎区浜町=を逮捕した。「服は脱がせたが、性交はしていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年3月24日午前0時半ごろから正午ごろまでの間、自宅の寝室で、泥酔して熟睡していた無職女性(24)=同区=に性的暴行を加えたとしている。

 同署によると、2人は同年1月ごろ、飲食店で知り合い、連絡先を交換。事件当日は、2人で酒を飲んでいたという。事件の翌日、女性が同署に相談。女性のスマートフォンに残っていたムーサ容疑者の連絡先や防犯カメラの映像などから、ムーサ容疑者が浮上した。同署は余罪について調べを進める方針。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ