河井案里被告に有罪判決 参院選買収、一部は無罪

 令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の判決公判が21日、東京地裁で開かれ、高橋康明裁判長は一部を無罪とした上で「民主主義の根幹である選挙の公正を害する犯行」として懲役1年4月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。弁護側は控訴するかどうか検討するが、控訴せず判決が確定した場合、案里被告は当選無効となる。

 広島県議ら5人に提供したとされる現金の趣旨が主な争点だった。案里被告は全面無罪を主張していた。

 高橋裁判長は、県議4人への現金提供について「選挙情勢、現金授受の時期や状況などに照らし、買収に当たる」と認め、「当選祝いや陣中見舞い」などとする弁護側の主張は退けた。夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)=同罪で公判中=との共謀も認めた。一方、別の市議1人への現金提供については「克行被告との間に共謀の成立を認めるに足りる事情がない」として無罪とした。

 判決によると、案里被告は平成31年3月~令和元年5月、票の取りまとめを依頼した報酬などとして、県議4人に現金計160万円を渡した。

 克行被告は5人を含む議員ら100人に計約2900万円を提供したとして公判中。昨年9月に弁護人全員を解任し、案里被告の公判と分離された。

 案里被告は閉廷後、「主張の一部しか受け入れられておらず大変遺憾」などとコメント。東京地検の山元裕史次席は「判決内容を十分検討し、上級庁とも協議の上、適切に対処したい」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ