千葉の小4虐待死、3月に二審判決 懲役16年の父

 千葉県野田市の自宅で平成31年1月、小学4年の栗原心愛さん=当時(10)=を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父、勇一郎被告(43)の控訴審初公判が19日、東京高裁(近藤宏子裁判長)で開かれ、弁護側は懲役16年とした一審判決に事実誤認があり、量刑が重すぎると主張した。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。判決は3月4日。

 一審で弁護側は、傷害致死罪について争わないとする一方、具体的な暴行の多くを否定し「日常的な虐待はなかった」と主張していた。

 昨年3月の千葉地裁判決は、心愛さんへの暴行など起訴された六つの罪を全て認定し「尋常では考えられないほど凄惨で陰湿な虐待だった」と指摘。死者1人の傷害致死罪では「最も重い部類に位置付けられるべきだ」と述べた。

 一審判決によると、31年1月22~24日、心愛さんに食事や十分な睡眠を取らせず、浴室で冷水シャワーを掛け続けるなどして死亡させた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ