「所持品検査の限度超える」 大麻所持事件で無罪判決

 仙台地裁(島田環裁判官)は18日までに、大麻取締法違反(所持)の罪に問われた仙台市の男性(27)の判決で、警察官による職務質問時の所持品検査の手続きに「令状主義の精神を没却する重大な違法」があったとして無罪を言い渡した。判決は15日。

 男性は昨年4月、仙台市青葉区のコンビニ駐車場に止めた車内で、大麻を持っていたとして起訴された。

 島田裁判官は判決理由で、警察官が職務質問をした際、男性が車内の検査を拒否したにもかかわらず、捜索差し押さえ令状がないまま車のドアを開けたと指摘。「了承なくドアを開ける緊急性はなく、任意の職務質問に付随する所持品検査の許容限度を超える」とした。

 令状が執行されるまでの約5時間、男性を駐車場にとどめたことも違法とし、一連の県警の手続きを「そもそも令状主義の規定を守ろうとする意識に欠けていた」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ